テーマ:旅行

フィレンツェと無料電話

「おお!電話より普通の声だ!!」  最近からフィレンツェにいる次男に教えてもらって、無料電話やチャットそしてテレビ電話ができるSKYPEを始めている。  電話は肉声と同じ感じで違和感なく、向かい合って話しているようである。フィレンツェとの時間差があるから上手くタイミングがあわせることが難しいのが難点ではある。  それと、e-メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルストと桜の里

 ヤンバルは今、桜の花で溢れている。中でも秘かにこの時期になると訪れる場所がある。カルストの山の麓にそれはあり、桜の花で囲まれ里の人々の気持ちが伝わる実にいい風景である。  桜の花は近くから見るのもいいが、このように遠くから眺めるのも又、いいものである。この場所は偶然、我がパートナーを仕事場に送り(いつも朝、勤務先に送っているのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィレンツェからのメール

先日フィレンツェに行った次男からのメールが届いた。インターネットカフェからのメールである。雰囲気を少しばかり載せてみたい。 ・・・・・・・・   ・・・・・・・・ ’こっちの天気は思っていたよりも暖かくて、驚いています。 でも、夜はさすがに冷え込みが厳しいです。  この時期イタリアは、どこもかしこもセールで、人がごった返し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィレンツェからの携帯電話!

 昨日、フィレンツェに向け成田を出た次男から電話が入った。今回は去年の夏期研修のことがありPCでのインターネットを活用しての連絡体制を確立しようと張り切っていたのに!?あっけなく普通に、それも携帯で繋がってしまった!  それについての裏話を少し・・去年のフィレンツェでの夏期研修ではすごくストレスが溜まったので今回はそれがないように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾燥場のある風景

乾燥場、正式な名称は何というのだろう?確か45年以上も前のことであると思う、かすかに記憶にある。葉タバコを干していた。最近では今帰仁では栽培している農家はほとんど見あたらない。  このように完全な姿で残っているのは珍しい。それも国道沿いに突然現れた。廃墟跡が村内いたるところにある。葉タバコの栽培は盛んであったようである。現在はヘビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めっきり涼しくなりました。

 朝晩クーラーがなくても過ごせるようになってきた。季節の変化に乏しいここ今帰仁でも確実に日が暮れるのが少しずつ早くなり、そして、秋が来る。  そういえば、先日、通勤途中にツバメらしき鳥が4,50羽低空を飛んでいた。事務所の2階の巣に戻ってくるのだろうか。  カジマヤーのお祝いが17年ぶりに行われることになったと、公民館からの回覧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月の卒業式~ランビエンテ修復芸術学院~

 「イタリア・トスカーナ州公認 パラッツオ・スピネッリ芸術修復学院東京校」、これが正式名称。来る9月23日に東京校での卒業式がひとまず行われる。絵画コースの学生は、来年の1月にイタリアの本校で約1年の課程が始まる。卒業はこれが終了してからになるとのこと。  フィレンツェからの電話が今か今か、とヤキモキさせ、ウィーンからアムステルダム経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会CORE(コア) 始まる!

 5月11日、展覧会「CORE コア」 に行ってきた。東京藝術大学彫刻科4人によるグループ展である。多様な素材を用いた素朴ながら四人の意欲溢れる作品を見ることができた。上野公園や芸大に近いので是非見てほしい展覧会である。来る18日までの開催である。全てが台座はじめ四人による手作りであり、作品が実に丁寧に仕上られ、そして意図するものが伝わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京芸大 彫刻科 4人展  

展覧会名 「CORE コア」 テーマは「CORE コア」  個々の表現の源にまで遡り、かつ現在の自己を強く照射しながら4人の表現の差違を空間に出現させる試みです。単なる彫刻作品を展示するに留まるものではなく、天井高3、5mというBrick-oneの空間の特徴を十分に生かし、それぞれの作品の空間へ発信力を重視し、様々なアプローチをし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠景 ワルミ架橋

先日、久しぶりに湧川内海を通ってきたらいつの間にできたのか、内海の奥に虹のような橋が見えた。ワルミ架橋の車道を支える骨組み部分のようである。  早速、シーミーで帰ってきた息子と夕方、デジカメに収めてきた。内海から古宇利島までの40分のドライブである。青い空、碧い海、ワルミの海峡に架かる橋がいい風景になることだろう。今から楽しみであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かいよう」レポート 釜石港

かいようは現在、天候が悪いため釜石に来ているとのメールと画像が入った。久々に陸にあがるとのことでうれしい!とのことである。そして船に戻るときには少しセンチメンタルになるようである。ちょっぴり、船乗り気分になれたのかな?                                
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安心の架け橋~ワルミ大橋~

去った月曜日に、おとば学園の仲間一人と古宇利島に行ってきた。日曜日に行われた参議院選挙の看板の撤去作業を行うためである。いっきに作業を終え、大橋近くにある直売店に入り大好きなアイスクリームを二人して食べながら、観光客の多さと水着姿のまぶしさにしばし見とれてしまった。  古宇利大橋が完成し、時間を気にせず行けることには随分助かってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィレンツェからの電話

フィレンツェからの電話フィレンツェにいる次男から電話が入った。日本時間20時35分、受けた長男などの話によると埼玉よりも近かった!!生きていた!?との問いかけに笑い声とともに元気な声で返事が返ってきたとのこと。 研修が今日で終わり、残り1週間の宿も決め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花フィレンツェ

初めて携帯Win44からブログへ投稿してみた。 今回のブログは、これまで試みたかった携帯からのアップをやったのであるが、実に簡単にできてしまった。ただ、いっきに公開ということになってしまったのであわててしまった。                               花フィレンツェ花 いつものことであるのだが、文章を書く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衛星写真とワルミ架橋~安心の架け橋~

古宇利大橋が開通してから二年、運天港からフェリーで行き来していたのが24時間天候を気にせずいつでも本島に往ける! 島の方々の長年の夢がかない、心強いことである。・・・・でも島のお年寄りの声、’今帰仁が遠くなった’、’車がない人は行けない’、・・・・・ 今、急ピッチでワルミから屋我地島への工事が進められている。3年後にはこの不安、不便さが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空にサトウキビの穂

久しぶりに古宇利島に渡った。無料の橋では日本一の橋ができてからは往く機会が増えている。いつも通るたびに他市を経由しての本村入りは、なんとも妙な感じがしてならない。  しかし、シマチャビが解消されたことが何よりも大事なことである。 途中、畑にはサトウキビが穂を一杯につけゆれている。年が明けたら製糖が始まり農家は忙しくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーターアンダギー

 昨日、親子で本土に居る子供たちへ沖縄名産のサーターアンダギーをつくり、おくった。 ワイワイガヤガヤ言いながらの作業である。この味はおとば学園のお母さんの味ではない。いやてんぷら作りのお店をやっていたオバーのレシピどうりであるなどなど。。。  側で見ていて楽しいものである。おいしい!と電話がくると喜び、またつくりおくる。 母親とは…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

徒然なるままに

 今、泡盛を片手に11月最初のブログを書いているところである。早いもので今年も余すところ一月。ここ今帰仁にも秋の気配が漂っていて、うりずんの季節と今の季節が一年の中で一番ではないだろうか。  沖縄らしい熱い太陽、碧い海だけが沖縄ではない。これもまた沖縄である。  ところで、このブログも9ヶ月を迎えた。飽きっぽい自分にしてはよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーブチー

 今年は、カーブチーが実っている。ミカンは沖縄ではクニブという。 植えてから約九年ほどかかり実をつけ始める。それで九年母と名がつく。  わが家のミカンも2年前から1、2個実をつけ始め、今年初めて 約10個ほどの実をつけている。木が2本ある。  沖縄のミカンといえば、シークァーサーが全国的に有名であるが、 このカーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮里藍 優勝記念幕

今日は宮里藍の4試合連続優勝のかかったゴルフの試合があった。それに間に合うようにと、家族三名で宮里藍プロの古里東村に行って来た。  もちろん目的は、2試合連続ゴルフ優勝の地元での歓迎振りを感じるためである。何かと忙しく車で今帰仁から約30分の距離ではあるが行く機会がなく、今日になってしまった。  期待どおり東村では、横断幕…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

村民の浜~意外と知らないビーチ~

村総合運動公園北側の浜辺に昼休み時間を利用して行って来た。季節が夏から少しづつ変わり始めるこの時期、海や浜辺、遠くに見える古宇利大橋などがすごくいい風景である。  この浜辺は、2~3年かけて整備され村民の浜と呼ばれる。もともとあった自然に少し手を加えた人口ビーチではあるが、白い砂浜、遠くに見える島々、フェリーの行き来、一人で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゆうなの花

 ゆうな、黄色の花でなぜか海辺で見かけるか弱い花である。朝黄色の花をつけ、夕暮れ時にうす橙色に変わる一日花。木の幹はごつごつと大きくどっしりとして沖縄らしい樹である。以前、盆栽展で大賞をもらった樹でもある。最近では皇室の佳子様のお印としても知られる。一度沖縄に帰省したときにゆっくり観賞したらいいと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more