テーマ:写真

・愚直・・に・一灯・照隅・・

 エル・セフィーロには、本部や名護からくるメンバ-が数名いる。今日のアップは、以前わがパ-トナ-を仕事場に送った時に時々寄った場所である。東シナ海を見下ろす高台に面し、今の時期が一番の眺めである。  先日、午後の送り時に久しぶりに立ち寄ってみた。7,8年前とは周囲に民家が建っていたりと、少しばかり雰囲気が変わっている。  ・・でもホッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダムに架かる橋

これまで羽地ダムには、羽地大川の鯉のぼり祭りで幾度か行ったことがある。  今日久しぶりに、山越えのドライブに愛車accordで行ってみた。その途中、湖に架かる風景にaccordを止め携帯で撮ったのが写真である。この橋は”またきな大橋”、由来は何だろう。  ダムの是非が論議されているが、分教場跡という記念公園があったが、この地域に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気がつけば ”4月”

季節は確実に春、である。、、、、思い出したようにこの2、3日肌寒い。庭にはアマリリスの花が一斉に蕾をつけ、咲き誇っている。真赤なアマリリスと白地に赤いラインの入ったアマリリスが咲いたので、携帯からブログへ載せてみた。  2010年も3ヶ月が過ぎようとしている。今週は2010年度の準備で職員は遅くまで残り、頑張っていて今日で理事の皆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤瓦とサクラ

寒い日が続いている今帰仁、やっとサクラが満開になった。今帰仁城跡のサクラは葉桜になりつつあるのだが、我が家のサクラはツーテンポも遅れての花見となる。  気に入っている風景として、他では見られない赤い琉球瓦と桜のコントラストがある!そして、もう一つの楽しみとして、盆栽仕立ての実生のサクラの木があるが、いつ花を咲かせてくれるのか、とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風力発電 と 運動公園

 大きな風車が総合運動公園近くに登場した。今月中ごろ完成し、ユックリとした大きな羽根が回っている。以前、宮古や県内でも何度か目にしたのであるが、今帰仁にも風力発電が出現したことにビックリ!  計画については数年前から知ってはいたのであるが、地球に優しい、ECOなどの風が今帰仁にも吹き始めたのか?そして年末あたりに風力発電反対の立て看板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇帝ダリア・・冬空に咲く・・・

 今日、今帰仁は雨。ここ1週間ほど曇ったり、突然大雨になったりの寒空が続いている。この天気にも埼玉の弟から贈られてきた皇帝ダリアが元気よく咲いている。(この写真は晴れた日の皇帝ダリア) 先日、弟より二重の皇帝ダリアが手に入ったので、と茎が送られてきた。早速親父が植えたところ芽が出てきた。来年が楽しみである。  09年もあと1週間で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ咲く!!

 先月の日曜日、シーナグスクの探索に出かけた折に桜の花が満開になっているのに出合った。遠くから眺めるとサクラの花の様にやわらかい色あいに包まれた花たちである。しばらく見とれてシャッターを押してみました。  一足早いサクラの花見である。でもホントの名前はなんと言うのだろう?  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーナグスク 世界遺産追加指定

 先日の琉球新報に”シーナ”という、懐かしい地名が1面に載っていた。その昔、亡くなったお袋の古里で、今は道路が整備されてその面影はなくなっているのであるが、山深い中に民家が点在したことを思い出す。そのシーナの一帯が、今帰仁城跡の追加指定としてシーナグスクが答申されたという。  その日、吾がパートナーと連れ立ってそのグスクを探しに出かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇帝ダリア、早朝に咲く!

 埼玉の弟から贈られた皇帝ダリアが出勤時に咲いていたので、携帯のカメラで撮ってみました。弟から聞いてはいたけれどその通りの花。孤高の将軍、という感じで何かしら寂しげに咲いている。蕾が一杯ついているのでこれから冬にかけてどのように変わっていくのか楽しみな花の一つである。  花が一杯咲き、そして沖縄の明るい空の下で皇帝ダリアをアップします…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

虹と乙羽山

乙羽山の麓から鮮やかな虹が出ているのに出会った。愛車honda acordを止め、携帯で撮ってみた。久しぶりに身近に虹の七色に変化する姿に見とれた。いつ見てもいいものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィレンツェ

フィレンツェ~芸術の都~ 夏期イタリア研修(絵画修復)で次男がアムステルダム経由でフィレンツェに出かけた。7月6日のことである。イタリアにはまだ行ったことはない。中学での美術の授業で絵を通して知っているだけで、ルネッサンス発祥の地、フィレンツェ。町中が世界遺産のような町並みなのだろうか。 来年には行ってみたいものだ。それというのも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

六月の月

 六月、JUNE、水無月、誕生花、くちなし。今日で六月が終わる。早いもので一年の折り返しである。夜空を見上げたら旧の16日、満月である。WIN44で撮ってみた。  日中の暑さとはちがい夜空は透き通るような、宇宙(ソラ)。この広がりをみていると慌しさが嘘のようである。考えてみるとこの様な時間を持つことがここ数年なかった気がする。仕事にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとば産小麦と山崎12年~何も足さない、何も引かない~

母の日と父の日そして誕生祝のケーキを携えて息子(参男)が久しぶりに帰ってきた。ケーキは三人の息子からである。(アルバム「パブで一杯」のケーキ) 息子の琉大大学院合格祝い以来の’山崎の12年’である。今回は誕生祝としての山崎である。封を切り乾杯をした。実に美味い。息子二人でかわす山崎12年は格別である。 これまでブログで取…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

麦の収穫

伊江JAさんから頂いた麦の収穫! 50坪程の畑に小麦色した穂、とまではいかなかったけど(梅雨入りで大雨との予報で、少々早めに刈り取り作業になってしまった・・・)無事収穫作業が終わり、センターの軒下で干して、2~3日前からおとば学園の仲間たちでワイワイ言いながらの手作業での脱穀が始まった。(アルバム「パブで一杯」をご覧下さい。)    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンニンの花 

 ウニムーチー、サンニン(月桃)の葉で包んで蒸したお餅のことである。 小さい頃には、お袋がつくり、それはもう、自分の年齢と同じ数がもらえたものだ。 それを天井からさげて毎日食したものである。 今はその習慣がなくなってしまい、 そして季節感がなくなるくらいいつでも店頭に並んでいる。  月桃の花を見るたびに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くちなしの花と梅雨

6月に入り、今帰仁に雨が降る。どしゃぶりではなく、しとしとと降るこのような雨もまたいい。梅雨入りしてから雨らしい雨がなく、心配になっていたので6月7日の雨は実にいい。          薄月夜 花くちなしの 匂いけり   (正岡 子規) 今日の雨は気持ちのせいか、うっとうしくなく、一息つける雨である。一昨日、昨日と息抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衛星写真とワルミ架橋~安心の架け橋~

古宇利大橋が開通してから二年、運天港からフェリーで行き来していたのが24時間天候を気にせずいつでも本島に往ける! 島の方々の長年の夢がかない、心強いことである。・・・・でも島のお年寄りの声、’今帰仁が遠くなった’、’車がない人は行けない’、・・・・・ 今、急ピッチでワルミから屋我地島への工事が進められている。3年後にはこの不安、不便さが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民家と大橋

先日久しぶりに古宇利島に行ってきた。今回はおとば学園の仲間一人と先日行われた選挙看板の撤去作業である。台風13号が接近ということで急ぎの作業になってしまったが、相変わらず島は観光客で一杯である。  今回は古宇利島からの大橋を見てみよう。いいアングルの写真が撮れた。夏の海は碧く、時の経つのも忘れてしまいそうである。  村境を越えるとそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more