辺野古 動かず <怒り>

 辺野古 動かず これであと半世紀は外国に支配されることになる。
変革の時期、と少しばかり期待したのであるが、これまでの歴史が示すように、場当たり的な対処をまたしてもやってしまった。歴史から何も学んでいない。

 以前にも少しばかりふれたのであるが、(対外的な関係は)’損得’で判断することである・・・と。アメリカ、日本、当然沖縄もである。特にこのことは、国政を任された者や利害関係にあるもの達にいえることである。

 果たして、沖縄のひとは基地がなくなることを望んでいるのであろうか? あらゆる場面に於いて、的確に状況判断をし、道筋を指し示すことがトップには求められるのに、そのような深刻さが伝わらない。

 








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック