テーマ:一燈

5月の出来事・・・

 沖縄が梅雨入りした。イジュの花が咲き、ユリが咲き、少しづつ夏に向っている。エル・セフィーロではメンバーとの賑やかなやり取りが交わされている。ところで、今年の5月は初めて、連休の中に1日特別休暇を取り入れた。  いつもの年では、平日の祝日は営業と、なるのだが・・・平成から令和へ・・何が変わるのか・?    何時ものエル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

できごと

 2019年のゴールデンウイークは10連休。いつものエル・セフィーロでは仕事となるが、5月3日は休みとなった。  今年はすべてにおいて特別。  何かが少しずつ動きだした感じ。・・・・・・この変化がどのような流れへと続くのか、見極めたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年4月のエル・セフィーロ

 2019年が早くも4月!  毎年早くなる。それも気が付けば小走りに・・・。ここ沖縄は「うりずん」の季節で一年の中で最もすごしやすい季節である。少しばかり例年とは違うのは、日々天候の変化があることである。肌寒くなったり、暑くなったり、雨が続いたり、と慌ただしい。  めっきりBlog Upができてなく、いいわけもしづらくなってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法の言葉…

 魔法の言葉、’ありがとう’感謝します ’ラッキー’エル・セフィーロの事務所にいつのころからか掲示されているのに魔法の言葉がその言葉である。  そして同様のことが今年初めに手に入れた書物に”Good Luck”にもある。  その中で、運と幸運の違いについての一節がある。運がいい、とはよく使う言葉であるが、幸運とは自分の意思で呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亥年 スタートラインに立つ

 亥年、今年はエル・セフィーロだけでなく、あらゆる場面で一人ひとりの考えが問われる年になりそうである。 1月4日の仕事始め、ムーチー作りなど、メンバーとスタッフが一緒になり、仕事をこなせるようになってきたように思う。手際よく、支持されるだけでなく、わいわいがやがや言いながらうまくできたようになってきた。特に男性陣の動きがいい!!  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが家の”ラッキー”

、 2018年も今日まで。エル・セフィーロにとっては、満6年。あっという間にすぎた1年であり、6年間であった。 県の指定更新手続きも無事おえることができたことで、これからがホントのスタートラインに立つことができた、という思いが強い。  メンバーはじめスタッフと共に歩んできた6年間。何事にも真摯に取り組んでくる彼らとの毎日は、日々新た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンニン織・

 サンニンの糸で織りあげた製品1号ができた。 サンニン、月桃は、沖縄ではムーチーづくり等、食品加工ではなくてはならない植物である。最近ではサンニンを活用したいろいろな製品がある。  身近に自生している植物を活用して新たな製品が作れないか、試行錯誤の毎日の中で試作したのがサンニン織である。サンニンの繊維を取り出しての作業である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛車 緊急搬送

 我アコード2000年型がとうとう路上で動かなくなり、JAFのお世話になってしまった。去年ごろから部品の取り換えなどが多くなり、気になっていたところであった・・  20年はどうしても持ちたいのだ・・・  エンジンはすごく元気がよい。心臓は丈夫なのだ。周囲の臓器、部品がアチコチ痛んで、取替が増えてしまってきている。  子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サガリバナ 咲く…

今年最初のサガリバナが一斉に蕾を付け咲き始めた!例年だともっと遅いのだが・・  蕾を付け始めたころ、そろそろ木が大きくなったから切ったら、幾度となく我パートナーに言われていたので、’枝を切られたら 大変・・・・!?と、サガリバナが早めに蕾を付けたのだ’などと冗談を言っていたものだ。  去年も見事な花を魅せていたのだが、今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むーちー・健康願い

 2018年2月、ここ今帰仁も寒い日が続いている。ムーチーびーさとはよく言ったものである。桜まつりが始まり、春がここまで来ている。今日、朝から家族総出のムーチーづくりを行い、埼玉にいる孫家族や弟家族にムーチーやタンカンを送った。            家族の健康を願って・・  寒い寒いといっても、本土の寒さに比べれば暖かいものか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3の道 スタートラインにつく

 2018年戌年が始まった。去年は「マイナスからの第3の道」がヤット、ゼロ地点に達した年であった。やっと軌道に乗ったように思う。 日々新たなできごとの連続は相変わらずではあるけれども、5年かかってメンバーとの関わりが地についた感じがする。  多くの試行錯誤の連続の中での事業展開であるが、働くことを通して”障害者問題”についての課題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働く・こと

 働くこと・・年齢や障害の有無を問わず大切で不可欠なことである。 縁があってこの仕事を第3の道としても継続している現在も何時も抱えている大きな問い掛けである。  特に障害を持つメンバーとの日常的な関わりの中で何時も感じていることは、”障害”とはなにか?’線引きというか境’が限りなく連続性をもってくる。  働くこと、それは’…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名護博物館 へ・・

5月7日、大雨の中、家族で名護博物館に行ってきた。3月に’アダン葉帽子’のことでお世話になったのでそのお礼を兼ねての訪問である。  完成したアダン葉帽子を見せると、すごく喜んでくれ、いろいろと出来栄えやこれからのことなどに話しが弾んだ。  歩みは少しづつであるが、進んでいる。帽子づくりに関わるメンバーがひとり、増えた。あと2.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エル・セフィ-ロに Home Page !

2017年もはや3月。一日一日はユックリだけれど、気がつけばアッという間に2か月が過ぎた。ここ今帰仁は今日も寒い一日。Blog Upも月一がヤットというありさま・・・何とも情けない・・・・ ところで・ ・・2017年に新たなできごとが始まる! エル・セフィ-ロにHomePageができつつある。このBlog も今年で11年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今帰仁、寒い・・

 2月に入り急激に寒さが来た。今年は冬がないと、思っていたのだが何時もの通り、寒さはやってきた。ここ今帰仁は夜桜祭りが1月28日から始まっている。 先週、埼玉の孫たちと行ってきた。すごい人だかりでビックリ・これまでと変わっていたのは外人さんが多いこと  世界遺産のおかげか・・・  その時はまだ五分咲きと思ったのだが寒さが一気に来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年 猿が去っていく

2016年が過ぎようとしている。特に今年はそう感じる申歳であった。  目まぐるしく移ろう日々の申歳、ミザル、キカザル、イワザル、というには程遠い毎日の2016年。 でも、結果オーライの申歳であったかな 来る年は酉歳。飛躍の年にしたいものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇帝ダリア 

今帰仁に秋の気配を皇帝ダリアが運んできた。埼玉の弟からの贈り物でやっと咲いてくれた。今回は鉢植えで土作りに気をつけてやってみた。 わがパートナーの日頃の手入れのおかげ、かな... 全国的に寒くなっているが、ここ沖縄は26度くらいで比較にはならないのであるが、寒い。 2016年も残すところ一ヶ月、何かと慌ただしく過ぎた。新たな展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エル・セフィーロ 新たな風吹く

高校野球やオリンピックの感動もすぎ、エル・セフィーロに秋のそよ風の気配。何時の間にか8月のBlogUpがない・・その都度多くのテーマが数多くあるのだが、PCに向かうことが疎かになっている。・・・大急ぎ近況報告!? 8月はエル・セフィーロにとって大きなターニングポイントとなる月になることだろう。  その中にあって、日々新たなで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国・イギリスの行方と個人のあり方

 世界をリードしてきたイギリスが今揺れている。先日の国民投票の結果とその後のイギリスの国内状況をみるにつけ、国民の主体性とは?民主主義とは?・・そのことに関して思い出すことは・・・  ・・・・今から25年前のイギリスやフランスそしてスウェーデンへの視察研修のことである。  その時に一番に感じたのが、”豊かさ”の違いであった。物質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月30日に思う・・・

 6月30日・今日は1年の中でも特別の日である。早いものである・・。日々新たな毎日が続いていることには変わりがないが、満4年になるのだ。当初からマイナスからのスタートを覚悟のうえで、第3の道へ踏み出したのだが、この決断はベストの選択であった。  多くのしがらみから解き放され、新たな一歩を踏み出すことができたことが一番である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月・サガリバナに思う

 先月梅雨入りした沖縄であるが、6月に入っても雨らしい雨が降ってこない。天気予報では県内では雨が降り、時折雷注意の予報が出ている・・のだが、よく言う’カタンブイ’なのか、ここ今帰仁にはフロントガラスを濡らす程度である。  気がつけば、2016年も折り返し地点に来た。第3の道として早期退職したのが6月・・・満4年になるのだ。エル・セフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒り、義憤・5月15日・・屋良朝苗とオキナワ

5月15日は沖縄の祖国復帰の日である。その時の県知事 屋良朝苗退任のあいさつが琉球新報に掲載されている。   ”7,8年はまったく夢のように過ぎた短い時間であったような気がいたします。あまりにも問題が多くて時間を意識することができなかった。  戦争、民族支配に服し、膨大なる基地の影響下さらされてきたところの沖縄。その問題はあまりにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

専門性とは・・・・

専門性とはどのようなことをいうのだろうか。このことは、’第3の道’を起ち上げる以前からの素朴な疑問として残っている。  特に福祉や介護などの対人サービスに限ってみてもそう思えて仕方がない。お年寄りや乳幼児・・障害者の介護・介助などの仕事は、大変いい仕事をいているとか、あなただからできるとか、言われるのだけれど・・・、 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日がGolden Week・・

明日から5月、Golden Weekが始まる。" ”毎日がGolden Week・・・”はメンバーの一人がエル・セフィーロに来るまではそうであった・・・・と、日頃からの口癖である。  そのことは、居場所の一つとしてエル・セフィーロが認知されつつあるということなのか・な!?・・素直に喜ぼう!! 毎日が日々新たな出来事の連続で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇帝ダリア 咲く

久しぶりに皇帝ダイアが咲いた!咲く時期をまちがえたようである。埼玉の弟から贈られたものであるが、これまで一度だけうまく咲いてくれた。ここ3年ほどは途中で枯れたりして・・。  今年は早々と咲いてくれたようである。花の大きさは同じ・背丈が皇帝というには足りない感じ・・4月に入っても涼しいからか・・・?  急いで咲いたみたいで少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みかんの花の咲くころ・

季節は確実に春の訪れを告げている。今年もまた、ミカンの花が咲いた。ついこの間まで枝が折れそうになるくらい実っていたのに、蕾を一杯つけている。少し目をかけ、気遣いをやっていると、少しばかり応えてくれるものだ・・  別れぴーさ、と昔から言われているがここ今帰仁も肌寒い日々が多い。先日はエル・セフィーロのメンバーと一緒に東村のつつじの花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3・11 忘れてはならないこと  

忘れてはならない!!  3・11。 5年前の14時45分ごろは合同庁舎のロビーのテレビで、仙台の漁協一面に波が押し寄せ覆いつくされていくのを見ていた。まるで映画を見ているような信じられない光景が映っていた。  あれから遅々として進んでいない。むしろ風化していくのを感じる。  日々の営みを倦まず弛まず、やっていくことしかでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然なるままに・・・・

 早いもので2016年も3月に入った。マイナスから始まった第3の道も4年目を迎え、やっとスタートゼロ地点に起てたか・な? まだまだ毎日が新たな出来事の連続であることには変わりはない。    ところで、2000年になった時に21世紀になったら手塚治虫のアトムの世界が現れるものと、夢を描いていたものだ・・が、現実は20世紀以上に混沌とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”ならぬことはならぬもの・・・”

 会津藩に什の掟があった。それには、①年長者の言うことに背いてはなりませぬ②年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ③嘘言を言うことはなりませぬ④卑怯な振舞いをしてはなりませぬ⑤弱いものをいじめてはなりませぬ⑥戸外で物を食べてはなりませぬ⑦戸外で婦人と言葉を交わしてはなりませぬ  ならぬことはならぬものです ・・・からなる。NHK大河ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連携・の・・あり方

 ずいぶん前からのことであるが、業務をしている中で心地よく響いてくる用語に’連携’がある。 これは仕事を進めるうえで大事なことで、これを契機にうまくいく時と、ギクシャクする時がある。  特に困難なケースの場合には、守秘義務という目に見えない壁が立ち塞がり、当事者のことはたらい回しにされ、組織の自己防衛に陥っていくのである。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more