テーマ:沖縄

台風接近中!!

 台風2号が沖縄本島に接近中! 今回の台風は、非常に強い勢力を持ち、沖縄気象台の台風情報によると今夜夜半に本島に沿って通過する模様とのである。  我が家でも小さな庭の植木鉢などを倒したり、奥に片付けたり、と対策に追われている。内海にも貨物船が避難の為に多数入ってきつつある。南部地域の架橋では通行止めなどが行われ、次第に強風域が北部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沖縄を返せ~!本土復帰から39年

1972年5月15日祖国復帰。それから39年が過ぎてしまった。ちょうどその時、高校を卒業し大学1年であったのであるが、政治的な関心があるわけでもなく、日々を過ごしてきたことを覚えている。  しかし、その時ほど沖縄が祖国、日の丸の元に思いを一つにした時代はなかったように思う。親父達がデモ行進に参加し、与論島と辺戸岬での海上での集会。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツールドと沖縄問題

 今日北部では、ツールド沖縄が早朝より行われた。去年は悪天候の中での開催で、選手は路面が雨で濡れた中を猛スピードを走り抜けるのを見て転倒をせずに無事ゴールしてほしい、と願ったものであった。  今年は天気に恵まれ、沖縄らしい太陽、青い空での北部路でのツールドになり、選手の皆さんは爽快なレースになったことと思う。我が家も沿道に出ての応援 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万国津梁の鐘

「万国津梁の鐘」 古来より沖縄は、世界に目を向けて活動を進めてきた県民である。先日、沖縄コンベンションセンターにおいて、県社会福祉大会があり民生児童委員の皆さんと参加したおり、中央広場にある鐘を久しぶりに見た。そして、稲嶺前沖縄県知事の記念講演があり、その時の印象と重なり、沖縄のこれからの福祉のこと、地域のこと、そして自分自身のことなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ次期米大統領と沖縄 ~変化は起きるか? ~一年の振り返り・2

 Change  Yes,We can! オバマ次期米大統領はアメリカ建国史上初の黒人大統領となった。合言葉は「CHANGE」である。これまでの閉塞感を打ち破る新しい若き指導者の登場で、J・Fケネディの再来である。  変化を待ち望んだ国民の圧倒的勝利で、これまでのアメリカでは想像もできなかった歴史的一瞬であった。 期待を持っている!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦添商ベスト4、ウークィと8月15日

 浦添商業が夏の甲子園大会で11年ぶりのベスト4入り!!おめでとう。明後日は準決勝、チームがまとまり、総合力があってよくまとまっていい。いっきに決勝戦である。  首里高校に始まった沖縄の甲子園であるが先輩の努力の積み重ねで今の沖縄がある。野球に始まり、ボクシング、音楽など多くの分野に全国レベルの活躍を見せている。心踊るものがある。後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長を祝う!

 去った日曜日、おとば学園の成人、生年祝いが行われた。今年のお祝いはビーチサイドのホテルのレストランを借り切り(?!)バイキング形式で行った。  これまでセンターでのお祝いは、学園の仲間たち、保護者、そして職員総出で会場設営から料理まで手造りであった。思い切りホテルでということに。晴れがましい気持ち、そしておもてなしを受ける気持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球春! 日本ハム対阪神戦

 球春!ここ沖縄から春が始まる。夏のスポーツの始動である。去った11日の日曜日は北部(やんばる)はスポーツや海洋博記念公園の国際洋ラン展、福祉祭りなどで活気にあふれた一日となった。    長男が撮影した練習試合の風景 日ハム対阪神戦  今年は、冬が無く一気に春がきて夏が来そうな気配である。日本一早い桜祭に始まり、プロ野球のキャン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イルミネーションのある風景

ここ今帰仁に、冬が足早に近づいてきた。昨日までは半そでで過ごして(少しやせ我慢ではあるのだが)いたのだがさすがに、おとば学園の仲間の居ないセンターは寒い。気配だけでなく、気温までも低く肌寒い。仲間たちの生活の場であるこの学園は障害を持つ仲間の一人一人の思いを真正面から受け止める。 専門性(専門教育を受けた)は確かにないかもしれない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青空にサトウキビの穂

久しぶりに古宇利島に渡った。無料の橋では日本一の橋ができてからは往く機会が増えている。いつも通るたびに他市を経由しての本村入りは、なんとも妙な感じがしてならない。  しかし、シマチャビが解消されたことが何よりも大事なことである。 途中、畑にはサトウキビが穂を一杯につけゆれている。年が明けたら製糖が始まり農家は忙しくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風になれ! ~ツールドin沖縄06~

風になれ!  ヤンバル路を駆け抜けるツールド沖縄が今日行われている。朝午前7時に名護市民会館をスタートゴールに行われる、国内最大規模の自転車競技である。  今年は久しぶりに国道沿いのわが家の前でシャッターチャンスを待った。第一陣が午前7時40分に我が家の前を通過。さわやかな風が飛んでいく。これから国頭を周り名護に着くのは午後1時。ま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

文化の秋

 今年の文化祭が今日から始まった。おとば学園は出店やバザーで賑っている。準備から 当日の取り組みまで仲間たちやお母さん、職員総出の取り組みである。  中でも文化祭に参加の出演者や地域の多くの方々の支援がうれしい。出店やバザーでの販売を通しての地域の方とのやり取りがユーモラスで、障害をもつおとば学園の仲間たちが 地域で受け入れられて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カーブチー

 今年は、カーブチーが実っている。ミカンは沖縄ではクニブという。 植えてから約九年ほどかかり実をつけ始める。それで九年母と名がつく。  わが家のミカンも2年前から1、2個実をつけ始め、今年初めて 約10個ほどの実をつけている。木が2本ある。  沖縄のミカンといえば、シークァーサーが全国的に有名であるが、 このカーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋!

 ここ今帰仁も朝晩、めっきり涼しくなり秋の気配がする。 今日は恒例の老人婦人のスポーツ大会が村営グランドで行われた。 今年で32回を迎える一大イペントである。主催は老人会婦人会であるが 村内のあらゆる団体が参加して行われ楽しい催しである。    夏の終わりを告げるセミがゼーンゼーンと鳴いている。ブログに載せてみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

宮里藍 優勝記念幕

今日は宮里藍の4試合連続優勝のかかったゴルフの試合があった。それに間に合うようにと、家族三名で宮里藍プロの古里東村に行って来た。  もちろん目的は、2試合連続ゴルフ優勝の地元での歓迎振りを感じるためである。何かと忙しく車で今帰仁から約30分の距離ではあるが行く機会がなく、今日になってしまった。  期待どおり東村では、横断幕…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

村民の浜~意外と知らないビーチ~

村総合運動公園北側の浜辺に昼休み時間を利用して行って来た。季節が夏から少しづつ変わり始めるこの時期、海や浜辺、遠くに見える古宇利大橋などがすごくいい風景である。  この浜辺は、2~3年かけて整備され村民の浜と呼ばれる。もともとあった自然に少し手を加えた人口ビーチではあるが、白い砂浜、遠くに見える島々、フェリーの行き来、一人で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

民家と大橋

先日久しぶりに古宇利島に行ってきた。今回はおとば学園の仲間一人と先日行われた選挙看板の撤去作業である。台風13号が接近ということで急ぎの作業になってしまったが、相変わらず島は観光客で一杯である。  今回は古宇利島からの大橋を見てみよう。いいアングルの写真が撮れた。夏の海は碧く、時の経つのも忘れてしまいそうである。  村境を越えるとそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうなの花

 ゆうな、黄色の花でなぜか海辺で見かけるか弱い花である。朝黄色の花をつけ、夕暮れ時にうす橙色に変わる一日花。木の幹はごつごつと大きくどっしりとして沖縄らしい樹である。以前、盆栽展で大賞をもらった樹でもある。最近では皇室の佳子様のお印としても知られる。一度沖縄に帰省したときにゆっくり観賞したらいいと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イジュウの花 ~梅雨入り~

 今日沖縄は梅雨入りしたと気象台から発表があった。例年よりも遅い梅雨入りである。 イジュウの花が満開である。この花が咲くと台風の季節に入るのであるが、天気が安定しなくて沖縄らしい太陽が見られないのが残念である。でもこれから夏本番、太陽が一杯の沖縄、ゆっくりとした時間が流れるここ今帰仁の暮らしもいいものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一の古宇利大橋

今日、今帰仁は曇り空 時おり小雨交じりの一日である。 久しぶりに仮免許練習の付き合いで人類発祥の地、古宇利島に親子3名行ってきた。 相変わらず観光客が多くにぎやかである。  多くの離島で橋が架かったら本島からの車でごった返しになり、迷惑を被っていることが多い。 ゴミがあふれ島の人たちの生活が乱されることが多いと聞く。ここ古宇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球春 

今日、次男の車の仮免許の練習の付き添いの帰りに、プロ野球の練習試合を見た。日本ハムと阪神の試合である。ホームランあり、美技ありと随所にプロらしい動きがあり、観客の歓声が響いている。紅白戦、オープン戦、そして4月の開幕へと春の足音とともに活気が出てくるのか、長男を球場に迎えにと、来たはずなのだがスポーツの虫が動き出すような、なつかしい気持…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

シリーズ世界遺産3 勝連城跡 

 沖縄本島で最古の城といわれる勝連城跡を旧の正月にいってきた。 この城の王様は阿麻和利(あまわり)と呼ばれる。勝連地域では英雄である。 前回の今帰仁城跡とは趣が異なりおもしろい。また歴史も中央から見るのと 地域から見るのとではこうも違うのかと、考えさせられる点である。 次回は再び今帰仁(北山)城跡、館長のこと
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

世界遺産2

世界遺産、今帰仁城跡は登録されてからは周辺整備が進み、観光客も多くなりにぎやかである。 特に変わったのは、歴史文化センターと一体となった観光案内兼店舗ができたことと観光ガイドが 城跡の案内を行っていることである。今帰仁訛りのおじさんの案内は特にいい。 世界遺産は今帰仁城跡単独での登録ではなく、沖縄全体での登録であるということがユニ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more