第3の道 スタートラインにつく

 2018年戌年が始まった。去年は「マイナスからの第3の道」がヤット、ゼロ地点に達した年であった。
画像
やっと軌道に乗ったように思う。 日々新たなできごとの連続は相変わらずではあるけれども、5年かかってメンバーとの関わりが地についた感じがする。

 多くの試行錯誤の連続の中での事業展開であるが、働くことを通して”障害者問題”についての課題一つひとつについて、考え、行動し、発信していくこと。・・・・これが課せられたテーマである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック