庭の花たち

 小さな庭には新緑・花が咲きほこり、爽やかな春の息吹を感じさせている。数年前に東村にあるバラ園で購入した大輪のバラ・エレナが見事な黄色の花を付けている。これまで鉢植えにしていたのを、去年小さな庭に移植したのがよかったようである。
 
 先月、久しぶりにつつじ祭の帰りに立ち寄り栽培方法などをお聞きした。曰く、日々の年間を通しての肥培管理などが大事・・と教えていただいた。・・・当初バラ園の大輪のバラに惹かれて手に入れたのであるが、地道な積み重ねがあって見事な花(成果)が咲く! 何事にも言えることだな・・・・と改めて気付かされた。
画像
             エ レナ
画像
            ツルバキア
 以前勤めていた職場の同僚から分けてもらった花・ツルバキア。当初、早合点しアガパンサスと思っていたのが、HPでその特徴を照会してハナニラ・・など二転三転し特定した懐かしい花。
 事業所エル・セフィーロにも六輪ほど咲いている。確かに年々増えていく。楽しみである。

この記事へのコメント

ikm.j
2013年04月27日 00:11
立派なバラですね。やはり地植えは栄養が豊富なんでしょうね.
東村のバラ園のように庭をバラで埋めつくしてみては?!

この記事へのトラックバック