一 燈

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉ねぎの花と憲法

<<   作成日時 : 2009/05/05 03:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
GWの中の憲法記念日。今日ほど憲法のことが現実の問題として、感じられることはないのではないだろうか。これまでは抽象的過ぎて実感しなかったのであるが、多くの場面で憲法論議が行われているのを見るにつけ、何かしら違和感を覚える。憲法改正、9条問題・・・・など、と大上段に構えるつもりはなく、タダ、戦争などで(自分が)殺しあうことが嫌なだけである。考えただけで、ゾッとする。

 単純に、そして素朴なこの考え方を発展させていくことによって、争いごとのない社会が創れるのでは、、、?ホントに幼稚な考えかもしれないがそう思う。
 憲法のことでの関心事は、9条のことであることは疑いのない事実であろう。憲法制定当時のいきさつはいろいろあるけれども、戦争放棄を謳った平和憲法は世界に誇れるものである。

 紛争解決に武力をもってするだけが世界貢献ではなく、平和憲法をもって地域紛争や戦争などの争いを、未然に防いでいくことがより重要であり、地域への大きな貢献になるものと考える。

 そもそも、紛争などの争いごとを引き起こした当事者がキチット後始末をするべきであり、それを他人に責任転嫁するすること自体、大人気ないことである。

 いつの時代でも社会的弱者が、被害者になるのである。・・・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
玉ねぎの花と憲法 一 燈/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる