シーミーとゴッドファザー

今年もシーミー(清明祭)の季節になった。地域によって一斉に行うところと今帰仁のように各々のお家に合わせて行うところとまちまちである。去った日曜日に勝連のシーミーに行ってきた。
画像
いつもは子供たちと一緒であるが、今年は夫婦二人だけの参加で寂しい限りである。
 ところで、シーミーではその一族の長(ゴッドファザーorマザー)が仕切るのである。
 勝連では、日頃から賑やかな義父がご先祖と会話を交わし、後はいつの間にか現世のわれわれの近況を語り合う場となる。 
 中国からの嫁さんが一年を経つと、すっかり溶け込んでいる。そこでも我がゴッドファザーの出番である。60数年前に満州開拓団で中国に行ったとのことで、(嫁さんも旧満州あたりの出身)片言の怪しげな中国語を操りながら話しているのである。いつもながらの楽しいシーミーになった。親族が一堂に会するこの機会はいいものである。来週はわが家のシーミーである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック